トランスジェニック、上期の黒字を達成

 トランスジェニックは2016年11月22日、2017年3月期第2四半期の決算説明会を開催した。2017年3月期上期の連結業績は、売上高が前年同期比31.1%増の9億8500万円だった。それに伴い、営業利益が前年同期の1億3300万円のマイナスから、300万円のプラスへ、経常損失も1億4500万円から1900万円に大幅に改善した。ジェノミクス事業やCRO事業が好調だった他、売上原価や販売管理費の効率化により、営業損益が大幅に改善した。経常損失についても、出資する医化学創薬の持分法損失や特別損失の影響から前年から引き続いて赤字だったものの、大幅に改善した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)