クリングルファーマが約6億円の調達に成功

 クリングルファーマ(大阪府茨木市、岩谷邦夫社長)は2016年12月5日、慶應イノベーション・イニシアティブ(KII)やDBJキャピタルなど8社より合計6億1000万円の調達に成功した。調達した資金を用いて、組換え肝細胞増殖因子(HGF)蛋白質を用いた脊髄損傷急性期の患者を対象にしたフェーズI/IIの完遂を目指す。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)