九州大米満氏、NK細胞用いた癌の細胞医薬開発でベンチャー立ち上げ

 九州大学大学院薬学研究院の米満吉和教授が、癌に対するナチュラルキラー(NK)細胞を用いた細胞医薬などの実用化を目指し、ベンチャー企業のガイアバイオメディシン(福岡市東区、倉森和幸社長)を立ち上げた。2016年11月4日、同社の創業者である米満教授と、同社のアドバイザーを務める九州大学大学院薬学研究院の原田結助教が本誌の取材に応じた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)