米NIAID、南アフリカでHIVワクチンの臨床試験を開始

 米国立衛生研究所(NIH)は2016年11月28日、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染予防ワクチンの最大規模臨床試験HVTN702を開始したと発表した。NIHの一部門である米国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)が主導するフェーズIIb/IIIで、HIVに感染していない18歳から35歳の男女5400人を対象に南アフリカ共和国(南アフリカ)の15施設で実施する。タイで行われた先行試験RV144で感染予防効果を示したワクチンより効力と持続性が高まると期待される新しい試験だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)