製薬団体が「薬価の毎年改定に断固反対」

 日本製薬団体連合会、日本製薬工業協会、欧州製薬団体連合会、米研究製薬工業協会在日執行委員会は、11月30日に声明を発表し、中央社会保険医療協議会(中医協)で始まった薬価制度の抜本改革の検討に一部で導入の可能性が指摘されている薬価の毎年改定制度への反対を表明した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)