国がん、骨肉腫の治療効果予測マーカーを報告

 国立がん研究センターの研究チームが骨肉腫の術前化学療法の効果予測のために有効な2種類のマイクロRNAを発見、専門誌Sarcomaに報告した。骨肉腫の治療は、術前化学療法と手術、術後化学療法が標準となっているが、術前化学療法の奏効の有無が最終的な治療成績を大きく左右する。化学療法の前に治療効果を予測する意義は大きい。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)