東北大と住友ゴム、埼玉大、天然ゴムの生合成機構解明を論文発表

 東北大学大学院工学研究科の高橋征司准教授、山下哲助教(2015年12月から金沢大学准教授)、中山亨教授らは、天然ゴムの生合成機構を解明した成果を、オープンアクセスのeLIFE誌(IF8.303)にて2016年10月28日(現地時間)に発表した。東北大と共同研究を行っている住友ゴム工業の研究者や、埼玉大学理工学研究科戦略的研究部門の戸澤譲教授らも共著者だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)