順天堂大安藤氏、グリーンペプタイドと共同開発のiPS細胞由来CTLを説明

 サンフランシスコで開催された日米先端医療技術事業化会議(2016 World Alliance Forum in San Francisco :WAFSF)で、2016年11月22日、順天堂大学大学院医学研究科の安藤美樹准教授が講演し、東京大学やグリーンペプタイドと共同開発する、T細胞から作製したiPS細胞由来キラーT細胞(CTL)について説明した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)