米Salk Institute for Biological Studies(Salk研究所)は2016年11月3日、Genomic Analysis研究室のJoseph Ecker教授率いる研究チームが植物において干ばつなどの環境ストレスに反応する分子メカニズムを解明したと発表した。植物は困難な環境に直面すると、そのストレスに対応する複雑な反応をコントロールするため、限られた数の蛋白質集団を活用していることを研究チームは見いだした。この研究成果は11月4日発行のScience誌に「A transcription factor hierarchy defines an environmental stress response network」というタイトルの論文として掲載されている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)