米TG Therapeutics社は2016年11月22日、同社が開発中の糖鎖改変型抗CD20モノクローナル抗体製剤TG-1101(ublituximab)と経口のPI3Kデルタ阻害薬TGR-1202について、現在進行中のフェーズIII(UNITY-CLL)に対し、データ安全性監視委員会(DSMB)から肯定的な勧告を受けたと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)