厚労省第二部会、「キイトルーダ」の非小細胞肺癌への適応拡大を了承

 厚生労働省は、2016年11月24日、薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会を開催。小野薬品工業の「オプジーボ」(ニボルマブ)に次ぐ抗PD1抗体である、MSDの「キイトルーダ点滴静注」(ペムブロリズマブ(遺伝子組換え))の非小細胞肺癌への適応拡大など4製品の一部変更承認、4製品の新規承認を了承した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)