米BIO、オプジーボ緊急薬価改定で声明

 米バイオテクノロジーイノベーション協会(BIO)は2016年11月22日、中央社会保険医療協議会(中医協)が11月16日に決定した抗癌剤オプジーボ(ニボルマブ)の薬価を緊急に50%引き下げる緊急薬価改定の決定を受けて、遺憾の意を示す声明を発表した(関連記事)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)