スイスNovartis社は、2016年11月21日、米Selexys Pharmaceuticas社を買収し、同社の鎌状赤血球貧血症(SCD)治療薬候補でP-セレクチン抗体製剤であるSelG1を獲得すると発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)