ARMのWerner氏、米政権交代の再生医療などへの影響を示唆

 日米先端医療技術事業化会議(2016 World Alliance Forum in San Francisco :WAFSF)が2016年11月21日から22日にサンフランシスコで開催された。2016年11月21日、米再生医療企業団体のAlliance for Regenerative Medicine(ARM)のExecutive Directorで、Holland & Knight LLPのPartnerであるMichael Werner氏が講演し、遺伝子治療や再生医療の研究開発を含むヘルスケアにおけるDonald Trump政権の影響などについてコメントした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)