AMED、2回目は23億6000万円の調整費を配分へ

 日本医療研究開発機構(AMED)は、2016年11月21日、2016年度の第2回医療分野の研究開発関連の調整費について、23億6000万円を配分すると発表した。「ジャパン・キャンサー・リサーチプロジェクト」の次世代がん医療創生研究事業や革新的がん医療実用化研究事業など、複数の事業で進められている課題に配分する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)