グリーンぺプタイド、中内教授の技術用いた癌免疫細胞療法の開発に参入

 グリーンぺプタイドは、2016年11月21日、アドバンスト・イミュノセラピー(東京・港、三輪玄二郎代表取締役)と出資契約を締結し、同社が実施する第三者割当増資を引き受けて子会社化すると発表した。同時に、アドバンスト・イミュノセラピーが開発を進めている、癌抗原特異的再生T細胞を用いた癌免疫細胞療法の開発に参入する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)