大塚製薬、デジタルメディスンを再申請へ

 大塚製薬は現在、米Proteus Digital Health社と共同で開発しているデジタルメディスンについて、現在追加でデータを集める準備を進めており、2017年にも再申請をすることが明らかになった。2016年11月18日、日本薬剤疫学会学術総会で、米子会社の大塚ファーマシューティカル D&C社の倉橋伸幸副社長が報告した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)