米食品医薬品局(FDA)は、2016年11月17日、ジカウイルス感染症のマウスモデルを新たに開発し、感染後の病態を分析してPLoS Pathogens誌電子版2016年11月17日号に報告した。新たなマウスモデルは、ジカウイルス感染によって一部の人に症状が表れる原因と病理の理解を促進し、ジカウイルスに対するワクチンや治療薬候補の有用性評価を容易にする可能性がある。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)