オランダuniQure社は2016年11月15日、全社的な戦略的事業計画を発表した。開発パイプラインの再考、施設統合、および株価増大を目的とした取り組みを決定し、同社では、事業経費の削減と遺伝子治療開発の効率化、並びに研究開発部門の組織再編を含めた事業の合理化により、現金資源が2019年にも資金運用に十分なレベルに達すると見込んでいる。治療領域別組織構造の解消に伴う人事も発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)