長崎大池田教授、日本初の他家TCR療法の医師主導治験を計画中

 新たな癌免疫療法の1つとして注目されるT細胞受容体(T Cell Receptor:TCR)遺伝子導入T細胞療法(TCR療法)に関しては、これまで国内で自家のTCR療法の臨床研究や医師主導治験が実施された他、タカラバイオが2016年度中に滑膜肉腫を対象とした治験をスタートさせる見通しだ。一方で、日本で初となる他家のTCR療法の医師主導治験を実施する動きもある。2016年11月7日、同医師主導治験を計画する長崎大学大学院医歯薬学総合研究科臨床腫瘍学分野の池田裕明教授に聞いた(関連記事)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)