米Gilead Sciences社は2016年11月16日、骨髄線維症患者を対象として、ヤヌスキナーゼ(JAK)阻害薬のmomelotinibをruxolitinibまたは最良の代替療法(best alternative therapy:BAT)と比較した、2件のフェーズIII(SIMPLIFY-1、2)の重要な結果を発表した。主要評価項目は、SIMPLIFY-1試験の非劣性の検証では達成されたが、SIMPLIFY-2試験の優越性の検証では達成されなかったことが分かった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)