厚労省部会、他家iPS細胞由来RPE細胞懸濁液の臨床研究は継続審議

 厚生労働省は、2016年11月18日、第15回厚生科学審議会再生医療等評価部会を開催。理化学研究所などが提出した他家iPS細胞由来網膜色素上皮(RPE)細胞の懸濁液を加齢黄斑変性の患者に投与する臨床研究については、継続審議となった。他にも部会では、厚労省が、特定細胞加工物製造の届け出を行った医療機関と、再生医療等提供計画を審議した特定認定再生医療等委員会、認定再生医療等委員会に対して、細胞加工物製造(CPC)の自己点検などを求める通知を発出する予定であることが報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)