EFPIAがワクチンや血液製剤事業について、厚労省のTFの提言を高く評価

 欧州製薬団体連合会(EFPIA Japan)は2016年11月17日、日本のワクチン・血液事業モデルに対するEFPIAの考え方に関する記者会見を行った。これは10月に出された厚生労働省の「ワクチン・血液製剤産業タスクフォース」の顧問からの提言を受けたもの。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)