免疫生物研究所、検査事業の「LipoSEARCH」は海外へ技術導出図る

 免疫生物研究所(IBL)は2016年11月17日、2017年3月期第2四半期の決算説明会を開催。清藤勉社長は、検査事業の主力サービスで、血中リポ蛋白質の粒子サイズを解析する「LipoSEARCH」について、「海外の検査ラボへ技術導出を検討する」と明らかにし、海外の需要に応えて売り上げ拡大を目指す考えを示した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)