米大統領選に勝利したDonald J. Trump氏の政権移行チームは、2016年11月10日までに政府公式サイトを開設し、今後のヘルスケア政策の方針を示した。現行の医療費負担適正化(ACA)法(通称オバマケア)は、議会と協議の上で撤廃する意向を明確にした。患者主体の医療保険制度を構築するため、医療保険とヘルスケアの選択性とその質を向上させ、費用負担の可能性を含めた政策を打ち出すとしている。法規制による米国民と企業への負担を軽減するという。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)