米Amgen社は2016年11月10日、多発性骨髄腫を対象に同社のプロテアソーム阻害薬「KYPROLIS」(carfilzomib)と、米Janssen Biotech社の抗CD38抗体「DARZALEX」(daratumumab)を併用する複数の臨床試験で協力することに合意したと発表した。最初に実施するのは再発、または難治性多発性骨髄腫患者を対象とするフェーズIIIで、2017年4月に患者登録を開始する。薬剤提供と費用負担は試験ごとに適宜決定される。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)