米Seattle Genetics社と武田薬品工業は、2016年11月8日、CD30陽性成熟型T細胞リンパ腫(MTCL)患者の1次治療として、「アドセトリス」(ブレンツキシマブベドチン)を含む併用化学療法を評価する国際的なフェーズIIIのECHELON-2試験において、患者登録を完了したと発表した。



この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)