2016年1月、健常人ボランティアにポルトガルBial社のFAAH阻害薬BIA 10-2474を投与したフェーズIで、1人が死亡、他に4人が神経症状を経験した(関連記事)。被験者に表れた症状について分析し、この事故の原因を推定したフランス国立医学研究所(INSERM)のAnne Kerbrat氏らは、患者には主に小脳症候群と考えられる症状が表れたことを明らかにし、有害事象はオフターゲット効果によることを示唆するデータを得て、The New England Journal of Medicine誌2016年11月3日号に報告した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)