英Cancer Research Technology(CRT)は2016年10月6日、英GlaxoSmithKline(GSK)社との共同開発契約に基づき、癌エピジェネティクスを標的とする新規化合物に対する成功報酬を受領したと発表した。英University of ManchesterのCancer Research UK Manchester Institute Drug Discovery UnitがGSK社から譲り受けた有望な初期化合物群を基にして、エピジェネティック制御に関わる主要蛋白質を標的とする新薬候補を創製したことを受け、GSK社が支払った。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)