順天堂大学、iPS細胞から内耳ギャップ結合形成細胞の作製に成功

 順天堂大学医学部耳鼻咽喉科学講座(池田勝久主任教授)の神谷和作准教授、福永一朗研究員らの研究チームは、遺伝性難聴で最も頻度の高いタイプの難聴の原因となる内耳ギャップ結合形成細胞をiPS細胞から作製することに成功した。研究成果は、Stem Cell Reports誌のオンライン版に、2016年11月11日(日本時間)に掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)