小野薬品工業、「オプジーボ」で増える余剰金は研究開発に再投資へ

 小野薬品工業は2016年11月7日、2017年3月期の第2四半期の決算(IFRS)に関する説明会を開催した。2015年12月に非小細胞肺癌(NSCLC)の追加承認を取得した抗PD1抗体の「オプジーボ」(ニボルマブ)が大きな拡大を見せ、第2四半期においては過去最高の売上収益を記録した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)