キョーリン製薬、「特許切れで厳しい状況だが新薬の開発で成長する」

 キョーリン製薬ホールディングス(HD)は、2016年11月8日、2017年3月期第2四半期決算説明会を開催し、研究開発やパイプラインの進捗状況などについて説明した。同社の主力製品であるロイコトリエン拮抗薬の「キプレス」(モンテルカスト)のオーソライズドジェネリック(AG)が、同社の予想以上のスピードで浸透していることなどを明かした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)