エーザイ、BACE阻害薬であるE2609のフェーズIIIを開始

 エーザイは2016年10月31日、2017年3月期の第2四半期決算の説明会を開催した。エーザイは自社創製品の「アリセプト」(ドネぺジル)と「パリエット」(ラベプラゾール)が特許期間を満了した後も、数多くの防衛策を打ってきた。しかし、後発品の市場浸食力は強く、エーザイの掲げる売り上げ目標が未達に終わる決算期が続いている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)