日本化薬、フェーズIIIで非劣性示せなかったNK105は追加試験実施へ

 日本化薬は2016年11月8日、2017年3月期第2四半期の決算説明会を開催。ナノキャリアから導入したNK105(パクリタキセル内包高分子ミセル)の乳癌を対象としたフェーズIIIで主要評価項目を達成できなかったことについて、追加の臨床試験を実施する方針を示した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)