基生研、慶大、九大、遺伝研、アサガオの全ゲノムを解読

ロングリードPacBioが威力、IlluminaメイトペアやRAD-seqも活用
(2016.11.08 19:00)1pt
河田孝雄

 自然科学研究機構基礎生物学研究所(基生研)多様性生物学研究室の星野敦助教と慶應義塾大学理工学部生命情報学科の榊原康文教授らは、日本独自の園芸植物であるアサガオの全ゲノム塩基配列をほぼ完全に解読した成果を、Nature Communications誌にて2016年11月8日に発表した。論文の共著者は35人。アサガオの突然変異体を1000以上保存している九州大学大学院理学研究院の仁田坂英二講師らや、DNA配列を読み取るシーケンス解読を担当した情報・システム研究機構国立遺伝学研究所の研究者らも連名だ。アサガオのゲノムを解読する共同研究を2010年秋から開始していた。今回、ゲノムを解読したアサガオは、東京古型標準型という実験系統。文部科学省の科学研究費新学術領域研究「ゲノム支援」(代表:小原雄治・国立遺伝学研究所特任教授)の一環で実施された。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧