国立大学法人理学部長会議が、基礎研究支援を求める記者会見を開催

 国立大学法人理学部長会議は2016年10月31日、「未来への投資」と題した声明文を発表、東京工業大学で福田裕穂東京大学理学系研究科長など7大学理学部長が記者会見を開催した。声明文に盛り込まれたのは、(1)基礎科学に対する理解と推進への支援、(2)運営費交付金の削減の停止、(3)教員数の維持――の3点。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)