米Regeneron Pharmaceuticals社とフランスSanofi社は2016年10月28日、両者が共同開発中の関節リウマチ(RA)治療用の抗インターロイキン6受容体(IL6R)抗体sarilumabの生物学的製剤承認申請(BLA)に対し、米食品医薬品局(FDA)から完全回答書簡(CRL)を受け取ったと発表した。製造最終段階における不備を指摘されたが、Sanofi社が既に適切に対処しており、sarilumabの有効性と安全性に関する問題は無かったという。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)