ファイザー、再発乳癌治療薬のCDK4/6阻害薬の製造販売申請

 ファイザー(東京・渋谷、社長:梅田一郎)は2016年10月31日に「手術不能又は再発乳癌」の効能・効果でサイクリン依存性キナーゼ(CDK)4/6阻害薬パルボシクリブ(PD-0332991)の国内における製造販売承認を申請した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)