厚労省、クリニックに第3種再生医療の一時停止とCPCでの製造停止を命令

 厚生労働省は、2016年10月31日、医療法人社団慈涌会アクティクリニックに対し、再生医療等の安全性の確保等に関する法律(再生医療等安全性確保法)第22条および第47条に基づいて、再生医療の提供の一時停止と、届け出を行っていた細胞培養加工施設(CPC)での特定細胞加工物製造の停止を命じた。厚労省が再生医療の提供の一時停止やCPCでの製造停止を命じたのは、これが初めて。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)