田辺三菱、韓国Kolon社から導入の変形性関節症への他家細胞医薬開発へ

 田辺三菱製薬は、2016年11月1日、2017年3月期第2四半期の決算説明会を開催。同日発表した韓国Kolon Life Science社からの他家細胞医薬「Invossa」の導入について、育薬本部長の村上誠一常務執行役員は「細胞医薬に関しては今回がスタート。これから方向性を見ていくが、スタートしたからには次も考えたい」と、再生医療の開発品目を拡充する可能性についてコメントした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)