デジタルヘルス、米国では「安心して投資できる対象」

 「米国では、ベンチャーキャピタルのデジタルヘルス分野への投資額は、ここ6年間で6~7倍に伸びた。非常に盛り上がり、crowdedな(混みあった)状態だ」。米国シリコンバレーのベンチャーキャピタル、Mitsui&Co. Global Investmentの清峰正志氏(同社 ライフサイエンスチームリーダー・インベストメントディレクター)は、米国でのデジタルヘルス分野の投資熱をこう語る。この分野の投資はすでに「1サイクルした」(同氏)状況で、日本との差は大きい。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)