データシェアリングを医療に、AMED末松理事長

 データシェアリングは海外とも協力する必要がある――。日本医療研究開発機構(AMED) 理事長の末松誠氏は、「デジタルヘルスDAYS 2016」(日時:2016年10月19~21日、主催:日経BP社、協力:日経デジタルヘルス)のカンファレンスに登壇、情報共有による研究開発の課題解決に向けたAMEDの取り組みなどについて講演した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)