メガカリオン、供給で日赤との交渉進む

 iPS細胞由来血小板の商用化に取り組むメガカリオン(京都市左京区、三輪玄二郎社長)は、2017年にiPS細胞由来血小板の治験を日米で開始する。大量生産を行うための企業コンソーシアムは完成している他、日本での供給については既に日本赤十字社と随時接触しており、サンプルの評価も受けていると明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)