栄研化学、「LAMP法用いた自動遺伝子検査装置で癌領域も視野」

 診断薬や検査装置などの製造や販売を手掛ける栄研化学は、2016年10月26日、2017年3月期第2四半期決算説明会を開催。現在、呼吸器感染症の検出を対象に開発しているLAMP法を用いた小型自動遺伝子検査装置や多項目検査チップは、今後、癌領域のリキッドバイオプシーへの応用を検討中であることを明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)