AstraZeneca日本法人の新社長が就任会見

 英AstraZeneca社の日本法人、アストラゼネカは2016年10月25日、2016年8月に社長に就任したDavid Fredrickson氏が就任後初めての記者会見を行った。Fredrickson社長は、「今後、2021年までに8つの新規の化合物の上市と、少なくとも10の適応拡大を目指す」とし、「5年で売り上げを倍にする」との目標を掲げた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)