米食品医薬品局(FDA)は、2016年10月19日、米Eli Lilly社の「Lartruvo」(オララツマブ)を、ドキソルビシンと共に、放射線治療または外科治療による治癒が望めない軟部組織肉腫(STS)で、アントラサイクリンの適応と見なされる患者の治療に用いることを迅速承認した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)