人工知能を活用するエルピクセルが7億円を調達

 人工知能を活用した画像解析ソリューションを手掛けるエルピクセル(東京・文京、島原佑基社長)は、2016年10月24日、ジャフコとMistletoe(東京・港、孫泰蔵社長)の2つのベンチャーキャピタルおよび、東レエンジニアリングなどから、総額7億円の資金調達を行ったと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)