英Adaptimmune Therapeutics社は、2016年10月18日、腫瘍抗原MAGE-A10に対する親和性を高めた「SPEAR」(Specific Peptide Enhanced Affinity Receptor)T細胞療法を、切除不能または転移性の尿路上皮癌(膀胱、尿管、腎盂の移行上皮癌)、メラノーマ、頭頸部扁平上皮癌の患者に適用するフェーズI試験を開始したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)