米Adverum Biotechnologies社は2016年10月14日、α1-アンチトリプシン(A1AT)欠乏症を対象とする遺伝子治療ADVM-043(ANN-001)の開発プログラムの最新情報を発表した。バキュロウイルスをベースとするADVM-043の製造プロセスをアップグレードし、最新の製造管理および品質管理規制(cGMP)基準を満たす製造業者に大規模一括製造を委託することを決定した。製造規模を拡大し工業化基準に適合させ、臨床試験から商業化段階まで同じ製造プロセスに統一する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)