機能性表示食品、関与成分が明確でないエキスを機能性関与成分に追加

 消費者庁の「機能性表示食品制度における機能性関与成分の取扱い等に関する検討会」(座長:寺本民生・帝京大学臨床研究センター長)の第10回が2016年10月18日に開催され、機能性表示食品の制度を2017年度から改定する方向性が決まった。11月中旬から12月上旬のうちに開かれる第11回検討会で、報告書を取りまとめる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)